ご自宅に最新のビルトインガスコンロの導入をお考えの方へ。機能、デザイン、お手入れの良さなど、さまざまな角度から比較と紹介をしていきます。ぜひ、コンロ選びの参考にしてみてくださいね!

ビルトインコンロを選ぶときは、まずここを確認しよう

 

使用するガスの種類をチェック

 

ガスには、都市ガスとプロパンガスの2種類があります。リフォームやコンロの交換を行う方は、ガスコンロの電池ケースの裏側に書いてありますので、そちらで確認してみてくださいね。また、新築でビルトインガスコンロを設置される方は、地域の都市ガスのホームページで、自分の住所が共有エリアかどうかを確認できます。もし、すでに屋外にガスボンベがある場合は、プロパンガスとなります。

サイズと強火力の位置をチェック

 

ビルトインガスコンロの本体サイズは統一されていて、天板の横幅でサイズが変わってきます。標準タイプと呼ばれる機種の横幅は60センチと、75センチの2種類があります。ガスコンロを広く使いたい場合は75センチ、作業スペースを広く確保したい場合は、60センチがおすすめ。現在お使いのコンロサイズが、60センチなら部材を追加することで設置が可能です。また、ガスコンロは、強火力が右か左のどちらかになっているため、火力の位置を確認しましょう。強火力のバーナーを壁側にしてしまうと、壁が焼ける可能性があります。

 

使いやすいビルトインガスコンロの選び方

 

 

リンナイ、パロマ、ノーリツなどのメーカーから、さまざまなタイプのガスコンロが発売されています。ビルトインガスコンロは、キッチンに直接組み込まれているので、見た目がすっきりしていて、素敵なデザインが魅力。便利な機能も揃っているので、お料理好きな方ならワクワクしてしまうこと間違いなし!家族の人数や間取りなどによって、使い勝手が良いガスコンロは変わってきます。毎日のお料理で活躍するガスコンロ。ぜひ「譲れない」ポイントを見つけてくださいね!

人数や料理の品数によってコンロの数を選ぶ

 

 

最近のビルトインコンロは、3口のコンロが主流となっています。3口タイプは、作業がしやすいスペースと、使い勝手が良いコンロが揃っているのでおすすめです。

一度にお鍋を使う数にもよりますが、同時調理ができるので、料理のスピードがアップしますね。また、意外と困ってしまう料理途中の鍋を置くスペースも兼ねてくれるので効率良く作業できます。

 

コンロの数が多いとなにかと便利ですが、掃除の手間が増えるというデメリットがあります。少しでも家事の手間をなくしたい方は、2口コンロも良いかもしれませんね。

コンパクトタイプと呼ばれる2口コンロですが、2〜3人家族なら問題なく使えるでしょう。

 

また、夫婦やカップルで並んで料理をしたいという方に、おすすめなのが「トリプルワイドガス」です。先ほどの3口コンロは三角形のようにバーナーが配置されていますが、こちらは横並びになっているのが特徴。2人で並んでもぶつかることがなく、ラクラク料理ができますよ。

 

実際に調理する手順や、普段のキッチンの使い方を参考に使いやすいコンロを選択して下さいね

 

節約したい!ランニングコストで選ぶ

 

 

省エネ機能がついているビルトインコンロを選ぶと、ランニングコストを下げることができますね。例えば、これまで鍋底からはみ出していた無駄な炎をカットしてくれる。そんな機能が搭載された機種なら、効率よく料理ができますよ。無理なく、ガス代の節約に繋がる機種を選びたいですね。

 

また、麺を茹でていたら、茹でこぼしてしまった!そんな経験はありませんか。最近のビルトインコンロには、炊飯機能や乾麺を茹でるモードなど、便利な自動調理機能が付いています。無駄な火を使うことがなく、簡単に利用コストを下げることが可能です。

 

普段から手軽にできる、ちょっとした節約方法もあります。例えば、鍋底に水滴がついていると、余計なガスを消費するので、コンロに乗せる前にふき取ることが大切です。また、野菜を茹でる時は、電子レンジを使ったほうが、お得に下茹でができます。何気ない作業を見直すだけでも、節約に役立ちますよ。

 

なお、都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金なので会社によって値段に差があります。地域、会社によって違いはありますが、プロパンガスと都市ガスの料金の差は、2倍ちかくになることもあります。これから引っ越しをする方は、都市ガスが使える地域を選ぶとかなりのコスト削減が期待できますね。

 

便利な機能も良いけど、やっぱり毎日のお手入れがしやすいガスコンロも見逃せない。そんな方は、トッププレート(天板)の種類で選ぶのがおすすめです。値段、見た目、耐久性など、それぞれメリットとデメリットを紹介します。

なじみがあるホーロー

ホーローは、下地に使われている鉄やアルミの壊れにくさと、表面のガラス成分の美しさという2つの魅力を持ち合わせています。価格が安いので、ガスコンロをリーズナブルに買いたい時におすすめ。硬い素材でこすっても傷がつきにくいので、気軽に使いこなせるのがメリット。衝撃に弱いので、表面の塗装が剥がれると、サビがでたりするというデメリットもあります。

きれいな質感のガラスコート

ホーローにガラスコーティングが施してあるため、見た目がとてもきれいです。天板はガラスではないので割れにくい、掃除がしやすいというメリットもあります。簡単な汚れは水ぶきだけで汚れが落ちるので、忙しい主婦の方でも美しさを保ちやすいですね。値段は、ホーローとガラストップの中間くらいで、ガラストップより安いのがメリット。ホーローと同じように、長年使っているとヒビが入ったりサビたりするというデメリットがあります。

お手入れ簡単!ガラストップ

ガラストップは、最近のビルトインコンロで主流になっている素材です。煮こぼれ、ゆでこ

ぼしなどで汚れやすいコンロ周りも、さっと拭くだけでお手入れが完了!耐久性が良く、長く愛用できるメリットがいっぱいです。ただし、表面がガラスなので割れてしまうことがあるのがデメリット。普段のお手入れでは割れることはありませんが、重いものを落としたり、体重をかけるのは避けましょう。また、ホーローやガラストップコートに比べて、値段が高いのも特徴です。

多彩なグリル機能も見逃せない! 

掃除が大変!匂いが部屋に充満する…。魚焼きグリルに、こんなイメージを持っている方、必見です!最近のビルトインガスコンロは、匂いや煙が軽減される工夫はもちろんのこと、焼き網にお手入れがしやすいコーティングが施されているなど便利な機能が充実しています。焼き魚はもちろん、トースター、ハンバーグ、焼き芋など、料理の幅がぐっと広がりますよ。魚やトーストを自動で焼いてくれる機能もあり、忙しい主婦の方には、うれしいですね。庫内の横幅は、23センチと25センチの2種類があります。一度にたくさん焼く家庭は、ワイドサイズがおすすめです。よく使う機能や料理で、選んでみてはいかがでしょう。

まとめ

 

 

新しいガスコンロで、素敵なキッチンライフを実現するために、役立つ情報を紹介してみましたが、いかがでしたでしょうか。カタログを見てもよくわからないときは、ショールームやお店のリフォームコーナーなどで、実物を見てみるのもおすすめ。実際に使っているイメージができるので、使いたい商品が見つかるかも。自分が好きなデザインはもちろん、不便なところを解消できる機能があるかなどを、参考に選んでみてくださいね。