毎日の生活に欠かせないガスコンロ。修理で対応できない場合は、できるだけ安く交換したいもの。しかし、たくさんの業者やリフォーム会社があり、どこに相談するか迷ってしまいますね。今回は、ビルトインガスコンロの交換方法や交換業者についてご紹介していきます。

セルフチェックして故障か判断するポイント

 

ガスコンロのトラブルで最も多いのは、急に火がつかなくなったというケース。つい慌ててしまいますが、まずは落ち着いて乾電池を交換してみましょう。交換を忘れていて、火がつかなくなることがあります。

また、バーナーに汚れや水分がついていて、点火しにくくなっていることもあります。歯ブラシなどで掃除をして、きちんと乾かしてから火をつけてみてください。

電池の交換や清掃をしても火がつかないときは、故障かもしれません。安全のためにガスの元栓を閉めてから、点火をしてみましょう。火花がつかないようなら、ガスがバーナーまで送られていない可能性が高いです。その際には、ガスの元栓が開いているのか、お湯は出るか、などを確認しましょう。大きな地震などの際にはガスメーターの元栓が自動でストップすることもあります。以上のことを確認して、それでも点火しない場合はコンロ自体の故障を疑いましょう。

また、いつもと違う音がする、変な匂いがする、そんなときは使用を控えてすぐにガス会社へ連絡しましょう。ガス器具は、使い方によっては危険な場合があります。また、使用しているガス器具に付属していた取扱説明書も確認すると安心です。

ガスコンロの寿命は10年!交換の目安も

ガスコンロはきちんとお手入れをして使っていても、10年ほどで寿命となります。ちょっとした不具合ならついそのまま使ってしまいがちですが、ガス機器は、扱い方を間違えると中毒の原因となります。安易な自己判断は避けましょう。

また、設置してから10年以上経過している場合は、修理ではなく交換を検討した方が安く済むでしょう。使用年数などを考慮にいれて交換のタイミングを考えましょう。

ガスコンロを賢く交換する秘訣

修理で対応できそうにない故障の場合、買い替えを検討しないといけません。ガスコンロが使用できないと焦りますが、まずどこに連絡をするのか、交換を頼む方法とは…。そんな疑問をわかりやすく紹介していきます。

ビルトインコンロの交換をするときのポイント

ガスコンロの交換は、自分で作業ができるものと、専門業者に依頼しないといけないものがあります。ガステーブルタイプは家電量販店などで購入し、自分で交換ができます。しかし、ビルトインコンロは、取り扱い免許がないと交換や修理ができません。そのため、自分で設置ができる器具に比べて、交換までに若干日数がかかります。

失敗しない交換業者の選び方

見積もりを依頼する時のポイント

ビルトインコンロを交換する場合、どれくらいの費用がかかるのか気になりますね。見積もりを算出するためには、一度、設置状況を確認する「現地調査」が必要です。リフォーム業者ごとに、詳細が変わってきます。3社程度で見積もりを頼んで、比較してみましょう。例えば、くつろぎホームでは、「無料見積もりフォーム」に沿って回答していくだけで簡単にご希望の機種の見積もりをとることができます。返信が24時間以内に約束されているのも安心ですね。

ビルトインコンロ交換の無料お見積りフォームへ

どのメーカーの機種にするのかお悩みの場合は、ホームセンターのリフォームコーナーを見学するのもおすすめ。パンフレットをもらったり、おおよその見積もり金額を聞くこともできます。

 

費用をおさえるコツ

交換費用はできるだけ安く済ませたいですね。見積もりを頼んだとき、ビルトインコンロの本体費用と工事費用がセットになっているかを確認してみましょう。古いビルトインコンロの回収費用が含まれていると、交換費用を抑えられます。見積もりを確認する際には、工事費用は明確か、不明なところはないかなどをしっかりチェックしておきましょう。

支払い方法ってどうなるの?

交換するビルトインコンロが決まったら、次に気になるのは支払い方法です。工事完了後に一括払いをすることが多いようですが、カード払いや分割払いに対応できる業者もあります。自分の都合に合った支払い方法に注目して、業者選びをしましょう。

また、見積もりにない金額を突然請求してくる業者も。見積もりの段階で追加請求が発生しないかどうかしっかりと確認してくださいね。くつろぎホームでは、追加請求一切なし!を宣言しているので安心ですよ。

 

・現地支払い(代金引換)

施工完了後にスタッフに直接現金で支払いする方法。しかし、下請け業者が施工した場合は、現地支払いができない場合が多いです。

・銀行振り込み

銀行で施工料金を振り込みます。その場で現金のやりとりをするのが怖いという方におすすめ。工事完了後1週間以内や工事予定日の前日まで、など業者によって振込期日は違います。

・クレジットカード

業者やリフォーム会社によっては、クレジットカードが使えるところもあります。分割払い、ボーナス払いなど支払い方法に融通が効くのがメリットです。こちらも、決済方法や決済日は様々ですので確認しましょう。

アフターフォローもしっかり確認!

ガスコンロを購入した場合、もちろん1年間のメーカー保証があります。さらに施工会社によっては、5年や10年の保証期間をつけているところも。長く使用するガスコンロは、購入後のフォローもしっかり確認しておくのがおすすめです。

また、取り付けや交換工事をしたら終わり、という業者ではなにかあったときに困ってしまいます。自分では交換ができない器具だからこそ、フォローの面もチェックしておきたいですね。

くつろぎホームでは、メーカーの設備機器保証書(最長10年)と、独自の工事保証書(5年)を発行しているので、W保証で工事後も安心です。

また、専属のコールセンタースタッフがフォローしてくれるので、不具合があったときには気軽に相談できますね。

作業時間はどれくらいなのか

契約をしたあとは、実際の作業へと進んでいきます。施工日には立会いが必要です。作業時間は、工事の詳細や業者にもよりますが、ビルトインコンロ単品の交換なら1時間前後です。当日は工事を始めるまでに、コンロ周りを簡単に掃除したり、片付けておくのもコツ。作業がスムーズになり、立会い時間の短縮ができますよ。

ガスコンロの処分方法

交換作業のときに、一緒に古いガスコンロの処分をしてもらうことになります。交換を依頼できる場所はさまざまですが、リフォーム専門店なら、購入から設置、交換工事まで依頼できるので便利ですよ。

良い業者、悪い業者の見分け方

最近は、インターネットにたくさんの口コミが書かれています。口コミの内容がすべて正しいわけではありませんが、依頼する業者を見極める参考材料になるでしょう。また、近所の知り合い、親戚などで最近、交換工事をした方がいたら聞いてみるのもおすすめ。

依頼したい業者や会社がある程度決まったら、実際に問い合わせてみると良いですよ。電話やメールでの対応で、だいたいの雰囲気や信頼できるかがイメージできるはず。親切に対応してくれたり、ささいな質問にも丁寧に答えてくれるところなら、納得のいく工事をしてくれるでしょう。経験不足の業者さんを避けるために、施工実績がどの程度あるかというのも、見極めのポイント。ホームページなどでチェックしてみましょう。

 

まとめ

 

 

ガスコンロの調子が悪いと焦ってしまいますね。修理を検討しても直らない場合、交換することになります。毎日使うものなので、スムーズに交換できるコツを紹介してみました。ガスコンロの業者選びの参考にしてみてくださいね。